早く起きてしまった。

今日は2:30に起きてしまった。洗濯物を干して、ブログを書き始めた。どんな生活をしたとしても人は死ぬ。例外を知らない。息しなくなる。なるべく長く生きていたい。まだ死を受け入れられない。死後についての情報は色々ある。情報は多すぎると迷い選択を間違えてしまうこともある。その時になって初めてわかる。死の時は不安になるが短い人生経験から老人になってから死ぬ人が多い。そうすると今度は無事に老人になれるか不安になる。ぼけずに生活出来ているだろうか?お金に困っていないだろうか。充実した生活をしているだろうか。不安はいくらでも出てくる。限りなく無限大だと思う。実際に老人になってみないとわからない。良いことに老人はこの世界にたくさんおり体験談を聞けば老人については知ることができる。老人というのは生産性がない訳ではなく、人間として死に向かう過程である。将来辿るであろう道のりに対策をすれば、より良い生活になると信じていたいのである。人間の最後が死であるならその過程を気にしなくていいと思う。最後には無に還る。生きているだけでいいのだ。息しているだけでいいのだ。つまり将来が不安になったり対策を考えたりして良い生活を送ったとして最後は塵にかえる。食べ物はどうしようか。睡眠時間をどうしようか。仕事はどうしようか。今よりももっと良いものがあるかもしれない。どんどん勉強してもっともっと良い生活を送りたい。どうやったら異性にモテるだろうか。ファッションはどうしようか。時間がいくらあっても人間の良い生活の追求は終わらない。車は何がいい。家はどこに持つ。友人は誰がいる。親戚や子供のことも心配である。お墓はどうする。死んだ後残された人はどうしようか。心配の種は尽きない。失敗をしたら人生の終わりだと感じてしまうことが多いがそれは人生の終わりではない。その方法によって求めた結果を得ることができなかったというだけだ。自分が行動して幸せになることを把握すると良い。過ぎたるは及ばざるがごとし。どんなに好きな事でもやりすぎては幸せになれない。人間は生きていく上で三大欲求がある。いくら美味しいごはんであっても、食べ過ぎれば苦しくなる。睡眠も1日20時間寝る人はいない筈だ。性欲も無限ではない。それぞれは必要なだけで良い筈で、三大欲求を追い求めても私は幸せになれない。幸せになるためにお金を求める。億万長者になれば幸せだろう。確かに億万長者になれば好きなことをたくさんできるようになる。だから億万長者を目指すんだ。そのためには今は犠牲になっても良い。この考えは将来を見て今を見ていない。将来は不確定である。だけど少し好き。夢を見てそのために頑張る。そういう人は応援したい。不思議なことに夢を追いかける人を応援することは好きだ。という自分がいることを知ってびっくりしている。わたしは夢に向かって頑張っている人を応援する仕事がしたいのかもしれない。そう考えるとある意味でファンという人種なのだ。逆に考えると夢を追いかければファンが出来るということである。わたしの夢はシンプルな生活であり、シンプルライフという夢に向かってファンを獲得していきたい。今はまだ食べ放題と言われれば苦しくなるまで食べてしまう。シンプルな生活は幸せである。死ぬまでに色々な場所に行って色々な経験をしたい人のファンではあるが、わたしはシンプルな生活をしたい。夢を叶えるためには相応の対価をかける必要がある。大きな夢には大きな対価が必要であり、小さな夢には小さな対価が求められる。夢が大きくても小さくてもある一定以上の幸せを感じのであれば小さくてもいい。2000年以上前から人間は存在している。病院もコンビニもない生活でも人間は幸せを感じることが出来た。昔から今にかけて技術が進歩しているので、モノは増えたがヒトは変わらない。ヒトの生活に必要なモノを手に入れる対価は相対的に小さくなっている。1時間働けば1日シンプルに生きていく食料分のお金が手に入る。一ヶ月で30時間働けば食料費は稼げる。サラリーマンなら、一ヶ月で食費200日分になる。後は実家に住むのが良い。あるものは活用したほうが良い。2ヶ月働けば1年分であり、残り10ヶ月分は貯金できる。人生100年であれば10年働けばいいことになる。まあ適当な計算をしているが10年でも多い気がする。ナッツと味噌と野菜と納豆と豆腐を食べる。色々計算したが実家暮らしのサラリーマンはシンプルな生活に置いて理想的である。今は家賃を払っているので夢は夢で終わっている。昼休みもブログを書いてみる。仕事はやはりめんどくさい。お昼を食べる予定は無かったが別の地域で働いている人が来ていたので一緒にご飯を食べた。話す内容は大体決まっている。最近どうか。普通だよ。事務所での仕事は恵まれている。外は暑いけど中は涼しい。とりあえず眠いから寝るのが普通であるがそれでは人生もったいない。ほんとは資格の勉強とかしないといけない。受ける気が無くなった。仕事にいる自分と家にいる自分では考えることが変わるみたいで面白い。周りに人がいると緊張感がある。会社でブログを書いている人はいないだろうから。歯に昼ごはんが挟まっている。水ですすぐだけで効果があるといわれた。特に深いことは考えられなくて突発的なことしかない。大きな流れをつくることが出来ればいいのにと思っても仕方がない。もし自由においしいものをたべていいならつい食べ過ぎる。金曜日の定時はそわそわする。まだ仕事が残っているのに落ち着かない。いっそのことかえることにした。空は高く、風が強く吹いている。台風の影響が出ている。チャレンジをつければ少し変なことでも許される。飲み会で、禁酒チャレンジ。会社のお昼ごはんで、お昼抜きチャレンジ。ふだんの生活でもシンプルチャレンジ。ブログチャレンジ。チャレンジも好きになってきた。筋トレチャレンジ。人生は楽しい。お金を使って楽しむことも出来るがお金を使わずにも楽しめる。自分で思った事を出し続けているとたまにマイブームを掘り当てる。大人チャレンジ。みんなチャレンジ。糖質チャレンジ。飽きてきたチャレンジ。ためになるかならないか。どうやって効率的に生きるのか。みんな知りたい。答えを周りに探しても見つからない。自分の中を探すべき。自分の声を聞かないで誰かの声を聞いている。自分の心に蓋をして、誰の心を満たすのか。たまには目を閉じて自分の中に閉じこもろう。口にチャックして、鼻で息してみよう。この世界にはルールがある。行動すれば結果が付いてくる。偶然の行動はあるけど当然の結果である。過去に何があったかわからないが今は存在している。日々の行動を望む方に意識すれば結果は付いてくる。望んだ結果にならない場合足りないものやことが存在している。わたしは苦難にいる人のことは分からない。親の介護や障害を持った子を心配する人のことは分からない。余命数日の人の気持ちも知らない。どうか苦難が軽くなって欲しい。のか分からない。